山形のニュース

<とうほくドローンeye>どんでん平ゆり園(山形・飯豊)/夏彩る壮大な点描画

 「どんな風に見えますかねえ」。点描画のような風景を織りなすのは「どんでん平(だいら)ゆり園」(山形県飯豊町)に咲くユリの花。園の大道寺崇マネジャー(42)は「見る人の想像にお任せします」。
 丸く縁取られた花畑は、緑の山裾を彩る巨大な手まりのよう。中心線から両側へ、鮮やかに色分けされた模様が延びる。
 上空からさらに近づいていくと、丸い縁取りが視界から消える。花畑の細長い帯は、風になびく七夕飾りのようにも見え始めた。
 小道を歩く人たちの周りでは、すらりと伸びたユリが風に揺れる。夏の訪れとともに咲き、あでやかな美しさで魅了したユリの花々は、夏の終わりを待たずに見頃を終えるという。
(写真部・庄子徳通、鹿野智裕)
    ◇      ◇
 思いのままに空を舞って大地や海を見渡したら、どんなに楽しいだろう。そんな見果てぬ夢をかなえてくれるドローン(小型無人機)と共に、東北のあちこちを旅してみた。

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 山形 社会

2018年07月12日木曜日


先頭に戻る