宮城のニュース

<オウム死刑執行>「ひかりの輪」仙台支部に公安庁が立ち入り検査

立ち入り検査に入る公安調査庁の職員ら=12日午前11時35分ごろ、仙台市宮城野区(写真は一部加工しています)

 オウム真理教の元代表松本智津夫元死刑囚=執行時(63)=らの死刑執行を受け、公安調査庁は12日、後継団体アレフから分派した「ひかりの輪」仙台支部(仙台市宮城野区)を立ち入り検査した。同支部への検査は刑執行後初めて。
 午前11時半前、ひかりの輪関係者とみられる男女2人が支部に入り、約5分後に同庁職員約10人が支部を訪問。関係者立ち会いで約1時間半、検査した。同庁によると、危険な行為に及ぶ兆候などは確認されなかったという。
 同支部では同日、上祐史浩代表(55)を招いたセミナーが予定されていたが、上祐氏は所用で来仙を取りやめた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月13日金曜日


先頭に戻る