青森のニュース

<青森銀行>ATM搭載店舗車が出発 巡回で顧客サービス維持

移動店舗車の出発式であいさつする成田晋頭取

 青森銀行が導入した移動店舗車の出発式が青森市の本店であった。店舗を統廃合する地区を巡回して顧客サービスの維持を図る。県内の金融機関では現金自動預払機(ATM)搭載の移動店舗車は初。
 「あおも〜びる」が愛称の移動店舗車は3トントラックにATM1台を搭載、窓口を設けた。本店の行員2〜3人が乗車し、個人客の預金出し入れや公共料金払い込み、住所変更などの手続きに当たる。搭載した発電機は外部電源に供給可能で、災害時も活用できる。
 20日に出張所を統廃合する八戸市是川地区を毎週金曜日に巡回する。同行は年内にさらに出張所と支店の計2店舗を統廃合や支店内支店化する計画。店舗空白地域のサービスを補うため移動店舗車の巡回を順次拡大する。


関連ページ: 青森 経済

2018年07月13日金曜日


先頭に戻る