宮城のニュース

<全日本バスケ>男女14チーム頂点目指す きょうから宮城県予選

 全日本バスケットボール選手権宮城県予選(県バスケットボール協会など主催、河北新報社共催)が14、15日、仙台市青葉体育館で開かれる。
 高校、大学、社会人から男子8チーム、女子6チームが出場し、トーナメントで競う。男女の優勝チームは9月15〜17日に仙台市宮城野体育館などで行われる1次ラウンドに進み、東北、北海道、関東地方の都道県代表チームと2次ラウンド(12月1、2日)進出を懸けて戦う。B2仙台は出場しない。
 2次ラウンドから男子のB1勢と女子Wリーグ勢が登場する。来年1月のファイナルラウンドで優勝チームが決まる。


2018年07月14日土曜日


先頭に戻る