宮城のニュース

<高校野球宮城>50回大会出場選手ら登場 ユニホームを着て声援

50年前の仙台商のユニホーム姿で開会式を見詰める八重樫さん(右)

 14日開幕した全国高校野球選手権宮城大会の開会式のスタンドでは、1968年の第50回大会に出場した元球児ら約20人がユニホーム姿で登場し、100回大会を盛り上げた。
 仙台商OBで元プロ野球ヤクルトの八重樫幸雄さん(67)=横浜市=らが参加した。八重樫さんが袖を通したのは高校2年だった68年夏まで仙台商が使用したユニホームのレプリカ。「まさか50年ぶりに着るとは思わなかった。感慨深い」と笑顔を見せた。
 入場行進する後輩の姿を見学し、「3年生は最後の夏。悔いのないようにプレーしてほしい」と期待。節目の大会に「高校野球の厳粛な雰囲気は、これからも残してほしい」と語った。
 八重樫さんはこの後、宮城野区の仙台ガーデンパレスであった記念講演会に出席。東北OBでプロ野球中日などで活躍した佐藤政夫さんと対談した。


2018年07月15日日曜日


先頭に戻る