宮城のニュース

<球宴>代打の今江が雪辱適時打

7回、代打で右前適時打を放つ全パの今江

 東北楽天の今江が前日の3打数無安打の雪辱を果たした。2点リードの七回2死一、二塁で代打で出場し右前適時打を放った。
 相手は切れのある直球が武器の5番手石山(ヤクルト、東北福祉大出)。「昨日はチャンスで大振りだったので、コンパクトに振ることを心掛けた」。2ストライクからの3球目、147キロの外角直球を芯で捉え、二走の浅村(西武)を生還させた。得点圏打率3割3分3厘の今季の勝負強さを見せつけた。
 3度目の球宴出場で、うれしい初打点。「無安打で終わるわけにはいかなかった。打点も付いてうれしい」と笑顔を見せた。


2018年07月15日日曜日


先頭に戻る