宮城のニュース

<楽天>平石監督代行インタビュー 下向かずCS狙う「競った試合を勝ち切りたい」

前半戦最終となった今月11日の試合前、選手に声を掛ける平石監督代行(右)=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は前半戦、借金20で最下位に低迷した。平石洋介監督代行は「CSを目指して戦う。一つの負けが大きく響く。とにかく勝たなければいけない」と巻き返しを誓った。

 −前半戦は苦しんだ。
 「昨季前半は打線が活発だったが、今年も同じように打てるとは思っていなかった。むしろ誤算は投手陣。先発の軸の則本、美馬が苦しみ、若手の藤平が不調だった。救援陣も松井、福山が不振に陥った」
 「今季は戦えると思っていただけに、春先からつまずき、ショックというか、焦りが出てきたのは事実。選手は責任を感じ、自分が抑えなければ、打たなければと強く思い過ぎた」

 −平石監督代行となって8勝8敗と健闘している。
 「選手には『下を向いて野球をしていても見ている人は面白くない。自分がやれることを思い切ってやろう』と話した。以前はあっさり負ける試合があったが、苦しい展開でも最後まで諦めず粘り強くなってきた。今後はそうした競った試合を勝ち切りたい」

 −チームの立て直しに必要なことは何か。
 「まずは戦う姿勢だ。采配や作戦は私が責任を持つ。失いかけた自信を取り戻すのは簡単ではないが、持てる力を思い切って出してほしい。失敗はある。失敗しないために準備し、失敗したら次どうするかを考える。あとはトライする勇気。投手でいえば、打たれたくないと警戒し過ぎて四球を出し、自分を苦しめている。仕留めにいく勇気、大胆さを持ってほしい」

 −指揮を執る上で心掛けていることは。
 「普段から選手をよく見ようと思っている。対戦成績や相手バッテリー、相手打者の傾向など戦略室のデータを取り入れつつ、その時に感じることや現場での読みも大事にしたい。ベテラン、若手関係なく、いいと思ったら使う」

 −就任後、打順を固定している。1番田中の成長も大きい。
 「選手の役割や打線のつながりを考えると、大幅に入れ替えることは毎回したくない。ただ、今の打順が全てではない。けが人が出たり、状態のいい選手がいたりすれば変更はある」
 「田中はまだまだこれから。相手のマークも厳しくなり、試合に出続ける大変さも感じるだろう。そう簡単な世界ではない」

 −投手陣では則本と松井の状態が気掛かりだ。
 「則本は本人が一番苦しんでいる。逃げずにこの試練を乗り越えてほしい。則本にはそれができる精神力や技術がある。松井は状態が上がり、課題のクイックモーションも克服できている。あとは、どれだけ勇気を持って投げられるかだ」

 −後半戦の目標は。
 「CS進出の可能性がある限り、一試合一試合を必死に戦う。先発投手の役割が重要だ。先に点をやらなければ試合になる。後半戦はハードな日程が続く。野手では今江、藤田らベテランに代わる選手が必要。内田は1軍で勝負できる状態に早くなってほしい」
 「田中、茂木、島内と足の速い選手がいるので、足を絡めた攻撃を積極的に仕掛けていきたい」

 −自身の38歳という若さは意識するか。
 「しない。こうだと思ったことをやっていく」

 −ファンはチームの浮上を期待している。
 「球場に熱心に足を運んでもらい、とても感謝している。ふがいない試合が続き、いろんな思いを持ちながら見ているはず。毎試合、必死にプレーする姿から何かを感じてもらえるような戦いをしていきたい」

◎プロ野球 きょうから後半戦

 プロ野球は16日にセ、パ両リーグともに後半戦がスタートする。パは10年ぶりのリーグ優勝を狙う西武を日本ハムが2.5ゲーム差で追う。セは広島が球団初のリーグ3連覇に向け2位に6ゲーム差で首位を走る。上位3チームで日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズ(CS)はセ、パともに10月13日に始まり、日本シリーズは同27日に開幕する。
 パ・リーグ最下位の東北楽天は16〜18日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでリーグ戦再開のロッテ3連戦に臨む。チームは15日、仙台市の楽天生命パーク宮城で全体練習し、約1時間半調整した。
 ロッテ3連戦は則本、美馬、古川が先発する見通し。試合のない19日を挟んで、20〜22日にメットライフドームで行われる西武戦の先発投手は塩見、岸、辛島の順になる見込みだ。
 5勝目を挙げた今月5日のソフトバンク戦以来の先発となる則本は「自分のできる投球をしたい」と語った。


2018年07月16日月曜日


先頭に戻る