宮城のニュース

<高校野球宮城>先発粘投で塩釜が零封快勝

 【評】塩釜が零封勝ち。二回2死一塁、岩渕の中越え二塁打で先制。三回は敵失に乗じて1点を追加すると、七、八回にも1点を加えて突き放した。先発成田は8安打を許しながらも完封。石巻西は打線がつながりを欠いた。

 ▽2回戦(平成の森しおかぜ)
石巻西000000000=0
塩 釜01100011×=4

<塩釜・成田投手(8安打を許したが完封)>「初戦の緊張で力みがあったが、直球中心に組み立てて相手打線を抑えることができた。次も勝って、チームのみんなと一日でも多く野球がしたい」


2018年07月16日月曜日


先頭に戻る