宮城のニュース

<高校野球宮城>古川学園がっちり 主戦安藤、10奪三振で完封

 【評】古川学園が快勝。主戦安藤は制球が良く10奪三振で完封。打っては一回1死二塁で遊佐、地紙の連続適時二塁打などで3点先取。四、八回にも追加点を挙げた。仙台西は打線がつながらなかった。

 ▽2回戦(楽天生命パーク)
古川学園300100010=5
仙台西 000000000=0

<仙台西の先発岩木「気持ち負けなかった」>
 「気持ちは最後まで負けなかった」。仙台西の先発岩木は敗退にも胸を張った。一回に長打を浴びて3点を失ったが、その後は本来の投球を取り戻した。
 昨秋投手転向したばかり。チームメートが鼓舞する声を背中に受けながら力投を続けた。「大舞台での先発は苦しかったけど、大きな経験になった」。涙に暮れながら収穫を口にしていた。


2018年07月16日月曜日


先頭に戻る