宮城のニュース

<楽天>後半戦白星スタート 延長に持ち込み粘り勝ち

島内宏明

 東北楽天は延長戦を制し後半戦白星スタート。2−2の延長十回、島内が決勝の中前適時打を放った。0−1の五回はアマダーの中越えソロで同点とし、1−2の九回は代打枡田の左越えソロで追い付いた。
 先発則本は5回1失点で勝敗は付かず。四回に井上に先制ソロを許したが、変化球主体の投球で粘った。5番手宋家豪が2勝目。ハーマンが10セーブ目を挙げた。ロッテは救援陣が粘れなかった。

 ロッテ−東北楽天9回戦(ロッテ6勝3敗、17時1分、ZOZOマリンスタジアム、28、074人)
東北楽天0000100011=3
ロッテ 0001000100=2
(延長10回)
(勝)宋家豪13試合2勝2敗
(S)ハーマン31試合1勝1敗10S
(敗)益田38試合2勝3敗
(本)井上17号(1)(則本)=4回、アマダー13号(1)(涌井)=5回、枡田2号(1)(内)=9回

☆イヌワシろっかーるーむ

<アマダー内野手(五回に中越え同点ソロ)>
「打ったのは直球。(先発の)則本のために一本打つことができた」


2018年07月17日火曜日


先頭に戻る