宮城のニュース

<E番が選ぶイチワシ>制球安定 5年目で初勝利

◎6月 古川侑利投手

 前月に印象的な活躍をした東北楽天の選手を取材班が選定する「E番が選ぶイチワシ」。6月はプロ5年目で初勝利を挙げた古川侑利投手に決めました。
 今季は2軍で防御率0.61と結果を残し、5月末に1軍に昇格。登板2戦目の6月5日の巨人戦で5回1失点と好投し、悲願の初白星をつかみました。「特別な一日でした。ヒーローインタビューでは思わず涙が出そうになりました」と改めて喜びをかみしめました。
 12日の中日戦、19日のDeNA戦でも力投を見せ、交流戦でチームトップの3勝。武器である直球の切れが悪くなったと感じたときは、意識的に変化球を多く使う工夫も見せました。「冷静に考えながら投げることができました」と振り返りました。
 投げるたびにばらつきのあったフォームを2軍で修正し、制球に安定感が増したことを好調の要因に挙げます。「リリースポイントのずれを修正したことで、直球の球威も出てきました」と手応えを口にしました。
 ただ、その後の3試合では、計11失点と調子を落とし気味で、「少し疲れが出てきました。しっかり体の管理をしないといけないですね」。疲労との戦いに苦戦しているようです。
 シーズンは後半戦に突入しました。「直球をさらに磨いていきたいと思います。今季の目標は10勝することです」と高らかに宣言しました。


2018年07月17日火曜日


先頭に戻る