宮城のニュース

<宮城オルレ>気仙沼・唐桑コースを10月7日開設 奥松島は同月8日

 宮城県は17日、県が整備を進める韓国版トレッキングコース「オルレ」の気仙沼市唐桑コースを10月7日、東松島市奥松島コースを10月8日に開設すると正式に発表した。
 両コースとも全長約10キロで、所要時間は4〜5時間。唐桑コースは唐桑半島ビジターセンターを出発点に御崎岬や巨釜半造が見られる沿岸部などを巡る。奥松島コースは稲ケ崎公園や新浜岬などを回る。
 国内でオルレが設定されるのは九州地方に続き、2例目。両コースの開設日は韓国の祝日(10月9日)に合わせた。県内外に加え、韓国を中心とした海外からの誘客も狙う。
 村井嘉浩知事は17日の定例記者会見で「秋はオルレを楽しむには最高の季節だ。国内外から多くの人に来てほしい」と期待を寄せた。宮城県内では、大崎市と塩釜市でもオルレのコース設定が進められている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月18日水曜日


先頭に戻る