宮城のニュース

<ベガルタ>きょうホーム横浜M戦 リーグ戦再開、白星狙う

 J1仙台は17日、仙台市泉サッカー場でリーグ戦第16節のホーム横浜M戦(18日19時、ユアスタ仙台)に向けて約1時間、最終調整した。ワールドカップ(W杯)による中断期間が明け、約2カ月ぶりのリーグ戦。後半戦のスタートで幸先よく白星を狙う。
 ハーフコートでの紅白戦などで連係を確認。FW阿部はスピードを生かしてスペースを突き、3バックの一角に入ったMF椎橋はセットプレーで果敢にゴールを狙った。左ウイングバックではリーグ戦4試合ぶりの先発を目指すDF永戸が切れのある動きを見せた。
 中断前の通算成績は仙台が6勝4分け5敗の勝ち点22で7位に対し、横浜Mは4勝5分け6敗の勝ち点17で13位。チームトップの7得点のFWウーゴ・ヴィエイラを軸に、守備ラインを極端に上げた攻撃的な戦術を浸透させて巻き返しを狙う。MF天野の精度の高いFKも得点源だ。
 渡辺監督は「相手よりボールを持ち、奪われたらすぐに取り返したいが、時にはゴールを割らせない考えも必要」と冷静に話した。


2018年07月18日水曜日


先頭に戻る