宮城のニュース

<高校野球宮城>本吉響が序盤のリード守り抜く

 【評】本吉響が序盤のリードを守った。一回2死二、三塁から阿部の適時打で2点を先取。三回は照喜名の2点打などで4点を追加した。多賀城は4点を追う九回、石川の2点打で迫ったが及ばなかった。

 ▽2回戦(石巻市民)
本吉響204000000=6
多賀城000100102=4

 <本吉響・照喜名投手(三回に適時打を放つなど投打に活躍)>「真ん中の直球をしっかり中前に運ぶことができてほっとしている。完投は自信になったが、四死球が多かったので次は減らしたい」


2018年07月18日水曜日


先頭に戻る