宮城のニュース

<西日本豪雨>塩釜市、岡山・倉敷市に職員継続派遣

 塩釜市は18日、西日本豪雨を受け、岡山県倉敷市に職員の継続派遣を始めた。8月31日まで計18人を派遣する。
 先遣隊の報告と現地の要望を検討して決定。避難所の運営や避難所内の保健衛生環境の向上を支援する。23日以降は保健師や看護師を派遣する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年07月19日木曜日


先頭に戻る