宮城のニュース

塩釜・竜頭島が削られる 宮城県、防潮堤工事中断し保存へ 市民「びっくりがっかり」

重機が入り、一部が削られた竜頭島。工事はストップした
2010年発行の書籍「新釈 奥鹽(おうえん)地名集」に掲載された竜頭島

 宮城県が塩釜市新浜町の塩釜漁港で進める防潮堤新設工事で、約40年前に地元の要望を受けて保存を決めた「竜頭島(りゅうとうじま)」を削っていたことが分かった。県は工事を急きょ中断、計画を変更して残る部分の保存を決めたが、変わり果てた姿に市民は肩を落とす。

 竜頭島は塩釜の入り江の古名「千賀の浦」にある八島の一つで古絵図にも描かれた。別名蛇島。かつて漁港整備の埋め立て工事で取り崩される計画だったが、1978年ごろ市民らの保存運動が起こり、県が陸地に組み込んで残した。
 市や県の文化財指定は受けていないが、市教委が2005年にまとめた「塩釜市の文化財ガイド(改訂版)」の「その他の文化財」の項目に記載があり、保存の経緯に触れている。
 県は防潮堤工事に先立つ調査で島が特別名勝・松島に該当しないことを確認。近くの市魚市場関係者らに工事の是非を尋ね、「支障ない」との返答を得たため重機を入れたという。
 島は防潮堤の終点に位置し、県は島を削って接続道路を整備する計画だった。削られている島を見た市民が抗議し、県は10日に工事を中断した。
 工事で島は約4分の1が崩され、がれきが山積みになっている。「びっくりして、がっかりした」。当時を知る塩釜市漁協の副組合長でNPO法人のボランティアガイド佐藤健太郎さん(84)は嘆く。「塩釜の観光資源、憩いの場としてPRしたいと思っていたのに」と原状復帰を願う。
 市民からは「事前にもっと調べてほしかった」「今後は案内板を設置するなどして後世に伝えるべきだ」といった声が上がる。
 県仙台地方振興事務所水産漁港部の金原修一漁港整備専門監は「30〜40年前の保存運動までは把握できなかった。残っている分は保存する」と話す。接続道路の代わりに防潮堤に陸閘(りくこう)(ゲート)を設けて行き来する方法を検討中だ。
 今回の防潮堤工事の工区は約530メートルで、堤の高さは海抜3.3メートル。工期は17年11月〜19年3月。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年07月19日木曜日


先頭に戻る