宮城のニュース

<ベガルタ>8失点で完敗 チーム最多記録 渡辺監督「みっともない姿、申し訳ない」

 サッカーJ1第16節(18日・ユアスタ仙台ほか=9試合)ワールドカップ(W杯)ロシア大会による中断から約2カ月ぶりに再開し、仙台は横浜Mに2−8と惨敗した。8失点はチーム最多記録。通算6勝4分け6敗の勝ち点22で、順位を一つ下げて8位となった。

(1)ユアスタ
横浜M 8 4−0 2 仙台
      4−2
▽得点経過
 前2分 1−0 天野(3)
 前12分 2−0 伊藤
 前31分 3−0 仲川(4)
 前33分 4−0 伊藤
 後7分 5−0 山中(2)
 後14分 6−0 伊藤(3)
 後26分 7−0 金井(2)
 後27分 7−1 ジャーメイン(1)
 後36分 8−1 ブマル(2)
 後45分 8−2 蜂須賀(2)
▽観衆 13,081人

 仙台が8失点で完敗。横浜Mの素早い攻守の切り替えに対応できずに守備が崩れた。前半2分に天野に先制を許すと、前半だけで4失点。後半も伊藤にハットトリック達成を許すなど攻勢を浴び続けた。後半27分のジャーメイン、後半45分の蜂須賀のゴールも焼け石に水だった。

☆ベガルタみっくすぞーん

<MF中野嘉大(公式戦2試合連続ゴールならず)>
 「これだけ失点したら試合にならない。耐えてカウンターを仕掛けるプランだったが、開始早々に失点し、ボールを持っても思うようなプレーができなかった。本当に情けない。次こそ戦う姿勢を見せたい」

<みっともない姿/仙台・渡辺晋監督の話>
 みっともない姿を見せてしまい、申し訳ない。選手間や、選手と私との間で(意識の)乖離(かいり)があり、バランスを崩した。前半途中からは、自信なさそうにプレーしてしまった。


2018年07月19日木曜日


先頭に戻る