宮城のニュース

<ベガルタ>ジャーメイン、リーグ戦初ゴール

 仙台のジャーメインは笑顔なきリーグ戦初ゴールとなった。0−7の後半27分、右サイドから蜂須賀の斜めのパスをゴール前で受けると、背負っていたDFを反転してかわし、得意の左足でシュートを決めた。「いろんな意味で一生忘れない初ゴールだと思う」と悔しさを心に刻んだ。
 敗色濃厚だった後半26分に途中出場し、わずか1分後に決めたゴール。「点差が点差なので、とにかく1点決めるしかない」と前線に残って勝負し、いきなり結果を出した。ゴールの場面は「シュートまでスムーズに行けたと思う」と感触は悪くない。「気持ちを入れて次はやらないといけない」。今度は勝利に導くゴールを狙う。


2018年07月19日木曜日


先頭に戻る