宮城のニュース

<高校野球宮城>白石、継投で接戦制す

 高校野球宮城大会第5日は18日、仙台市民、石巻市民両球場で2回戦6試合があり、泉松陵、仙台商、泉館山、白石などが3回戦に進んだ。

 白石が3投手の継投で逃げ切った。四回に石川の中前適時打などで2点先取。七回に森、八回に佐藤颯をマウンドに送り反撃をしのいだ。仙台高専名取は七回無死二、三塁で1点止まりだったのが痛かった。

 ▽2回戦(石巻市民)

白 石   000200000=2
仙台高専名取000000100=1

<2年生佐藤颯が試合締める>白石は3番手で登板した2年生右腕佐藤颯が好投した。1点差まで迫られた直後の八回にマウンドへ。九回は先頭を死球で出す嫌な流れとなったが、「頼れる先輩がバックにいる」と強気を貫いた。次打者を詰まらせて併殺に打ち取り、最後の打者は空振り三振で締めた。
 先発メンバーは全員3年生。「先輩と1試合でも多くプレーするために次も全力投球をする」と誓った。


2018年07月19日木曜日


先頭に戻る