宮城のニュース

<高校野球宮城>泉松陵が逃げ切る

仙台―泉松陵 4回裏泉松陵1死一、三塁、秋藤が右前適時打を放ち、3―0とする=18日、仙台市民球場

 高校野球宮城大会第5日は18日、仙台市民、石巻市民両球場で2回戦6試合があり、泉松陵、仙台商、泉館山などが3回戦に進んだ。

 泉松陵が逃げ切った。1点リードで迎えた四回、秋藤の適時打などで3点を追加して差を広げ、投げては佐竹が8安打で完投した。仙台は守備の乱れが痛かった。追い上げもあと一歩届かなかった。

 ▽2回戦(仙台市民)
仙 台000020100=3
泉松陵10030000×=4

<2年生捕手秋藤が攻守に活躍>
泉松陵は2年の正捕手秋藤が攻守で活躍した。四回1死一、三塁で内角のスライダーを右越えに運び3点目。「どんな球でも初球をフルスイングしようと思っていた」。一回に続く打点で佐竹を援護した。
 守りで強気のリードが光った。七回は1点差に迫られ、なお2死二、三塁のピンチ。那須川に対して内角を攻め、詰まった右飛に打ち取った。
 主戦の佐竹は3年。「最初は敬語で遠慮もしたが、今は何でも言える仲」と言う。「安心して投げてもらえるよう、捕手としても3番打者としてもしっかり活躍したい」と意気込む。


2018年07月19日木曜日


先頭に戻る