宮城のニュース

<楽天>先発の古川、リズム悪く4勝目逃す 五回途中2失点で降板

 先発の古川は5四球と乱れて五回途中2失点で降板。約1カ月ぶりの4勝目を逃した。
 1−1の五回、2四球が絡んで2死一、二塁のピンチを招くと、井上に中前適時打を浴びて交代を告げられた。104球を要して攻撃にいい流れを持ち込めず「リズムを悪くしてしまい、野手の皆さんに申し訳ない」とうつむいた。
 今季は6月5日の巨人戦でプロ初勝利を挙げるなど3勝しているが、いずれも交流戦で、パ・リーグからの白星はない。平石監督代行は「古川はボール球が多く、(守っている)野手はしんどかったと思う。もう少し勇気を持って投げてほしい」と注文した。


2018年07月19日木曜日


先頭に戻る