岩手のニュース

<イーハトーブ東北>平泉観光に古民家の宿 1泊10万円

古民家を改装した1棟貸しの宿泊施設

 観光事業のイーハトーブ東北(一関市)は、岩手県平泉町に古民家を改装した宿泊施設「平泉倶楽部(くらぶ)」をオープンした。1日1組限定で、1泊10万円(税別、食事別)。ぜいを尽くしたおもてなしで世界遺産「平泉の文化遺産」観光を楽しんでもらう。
 築150年の古民家(延べ床面積170平方メートル)に和室3室、リビングダイニング、キッチン、ヒノキ風呂など整えた。1組9人を限度に受け入れる。
 派遣されたプロの料理人が調理するコース料理や地元の主婦による郷土料理を別料金で楽しめるほか、イーハトーブ東北経営の飲食店に料理を注文できる。
 整備費約4000万円のうち半分を国の補助金で賄った。松本数馬社長は「観光客のほとんどが圏域外に宿泊している現状を改善したい。古民家リゾートのぜいたくな時間を楽しんでほしい」と話す。連絡先は同社0191(26)0015。


関連ページ: 岩手 経済

2018年07月20日金曜日


先頭に戻る