宮城のニュース

<高校野球宮城>東北、8得点で大勝

 高校野球宮城大会第7日は20日、仙台市民球場で3回戦2試合があり、東北、古川学園が4回戦に進んだ。
 東北は東北学院榴ケ岡に8−1の七回コールド勝ち。古川学園は中新田に10−0で五回コールド勝ちした。
 21日は仙台市民、石巻市民両球場で3回戦6試合がある。

 ▽3回戦
東北学院榴ケ岡
   0010000=1
   310004×=8
東北
(七回コールドゲーム)

 【評】東北が大勝した。一回に無死満塁から奥田の中犠飛で先制し、さらに2死二、三塁と攻めて岩沼の左翼線2点二塁打で3−0。六回は石川原の2点三塁打などで4点を挙げた。東北学院榴ケ岡は2安打1得点だけに抑えられた。

<敗戦ばねに主戦の成長期待>
 東北学院榴ケ岡は投手陣が計10安打と打ち込まれた。先発した主戦の2年生左腕鴻巣は「打球が速い上、足を使って揺さぶられた」と脱帽した。
 鴻巣は東北の強力打線にツーシームなどでタイミングを外す場面もあったが、一回に3失点し、二回も1点を失った。「打たせて取る投球ができず、主戦としてゲームメークができなかった」と唇をかんだ。
 三回から登板した2番手の3年生吉田は粘りの投球で五回まで無失点でしのいだものの、六回につかまり4失点。吉田は「この敗戦をばねにしてほしい」と主戦の成長を期待し、鴻巣は「秋は東北大会に出場し、選抜大会出場を目指す」と雪辱を誓った。


2018年07月21日土曜日


先頭に戻る