宮城のニュース

宮城県中総体が開幕「力全て出し切る」

右手を掲げて宣誓する山田(左)、中村の両選手

 第67回宮城県中学校総合体育大会が21日開幕し、仙台市泉区のシェルコムせんだいで開会式が開かれた。
 ソフトテニスの選手394人が参加した。県中体連の日置利道会長が「支えてくれた人々への感謝の気持ちを忘れず、精いっぱい戦ってほしい」とあいさつし、中村倖青(こうせい)(白石3年)と山田和奏(わかな)(白石東3年)の両選手が「これまで努力を重ねてきた。仲間との力、ペアとの力を全て出し切り、最後まで諦めずプレーする」と宣誓した。
 大会は地区大会を勝ち上がった17競技の選手約1万人が出場。東北大会や全国大会を目指して、26日まで県内各地で熱戦を繰り広げる。主会期は22〜25日。


2018年07月21日土曜日


先頭に戻る