宮城のニュース

<高校野球宮城>東北学院、柴田が4回戦に進出

利府―東北学院 7回表東北学院2死満塁、小松が右前2点適時打を放ち、6−3とする

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民と石巻市民両球場で3回戦を行い、東北学院と柴田が4回戦に駒を進めた。
 東北学院は利府に逆転勝ち。1−3の七回、2死二、三塁から長谷川の左前2点打で追い付くと、小林の適時打で勝ち越し。さらに満塁と攻め立て、小松が右前に運んで2点を追加。そのまま逃げ切った。
 柴田は本吉響に打ち勝った。1点を先行された三回、1死満塁で高橋が右前に運び2点を奪い逆転。さらに千枝の適時打などで畳み掛け、この回計4点を奪うと、四、六回にも加点。本吉響の反撃を八回の1点に抑えた。

 ▽3回戦
東北学院 100000500=6
利  府 110100000=3

本吉響 100000010=2
柴 田 00410200×=7


2018年07月21日土曜日


先頭に戻る