福島のニュース

福島さくら農協職員が316万円着服

 福島さくら農協(郡山市)は20日、316万円を着服したとして、いわき市内の支店の20代男性職員を懲戒解雇処分にした。
 農協によると、着服したのは2017年9月〜18年6月、一般客から回収したシロアリ防除など9件分の売掛金。未収金として伝票を不正処理していた。遊興費や借金返済に充てていた。職員の家族が全額返済したという。


関連ページ: 福島 社会

2018年07月21日土曜日


先頭に戻る