広域のニュース

東北北部が梅雨明け 平年より8日早く

 仙台管区気象台は20日、青森、岩手、秋田各県の東北北部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より8日早い。昨年は梅雨明け日を特定できなかった。梅雨のない北海道を除き、全国で梅雨が明けた。
 東北北部は今後1週間、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みであることから判断した。梅雨入りした6月11日以降の降水量は秋田が347.5ミリ、青森が239.5ミリで平年値を上回り、盛岡が182.0ミリで平年値を下回った。


関連ページ: 広域 社会

2018年07月21日土曜日


先頭に戻る