広域のニュース

<高校野球東北>日大山形が敗退

 第100回全国高校野球地方大会は20日、青森、宮城、秋田、山形などで行われ、青森大会では弘前学院聖愛と八戸学院光星が22日の決勝に進み、昨夏代表の青森山田は敗退した。秋田では金足農と能代松陽が準決勝に駒を進めた。3季連続の甲子園出場を狙った日大山形は3回戦で姿を消した。
 北北海道ではクラークと旭川大高が21日の決勝に進出、全国で代表一番乗りが決まる。

 【青森】
 ▽準決勝
青森山田
    1030300=7
    433203×=15
八戸学院光星
(七回コールドゲーム)

弘 前 工
    100000000=1
    00100010×=2
弘前学院聖愛

 【宮城】
 ▽3回戦
東北 8−1 東北学院榴ケ岡
古川学園 10−0 中新田

 【秋田】
 ▽準々決勝
金足農 7−0 秋田商

能代松陽 6−4 秋田
 【山形】
 ▽3回戦
新庄北 8−6 山形中央
鶴岡東 7−3 日大山形
山形南 8−3 創学館
東海大山形 12−3 米沢商


2018年07月21日土曜日


先頭に戻る