宮城のニュース

<田んぼアート>クラッチ登場 住民を笑顔に

東北楽天ゴールデンイーグルスのマスコット「クラッチ」を表現した田んぼアート

 宮城県栗原市瀬峰泉谷地区で、水田に色の異なる稲を植えて絵柄をかたどる「田んぼアート」が見頃を迎えた。プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスのマスコット「クラッチ」を表現した。
 地元の子どもたちが6月に植えた黄や紫など4色の苗が成長し、図柄が出来上がった。21日には完成を祝う記念祭があり、地域住民らが見て楽しんだ。
 栗っこ農協と市、地元農家らでつくる実行委員会の主催。見頃は7月末まで。


関連ページ: 宮城 社会

2018年07月22日日曜日


先頭に戻る