宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>背中押す言葉 日本代表・MF乾の助言に感謝

高平美憂

 あの一言がなければ、今の自分はなかったかもしれない。
 U−20女子ワールドカップ(W杯)の日本代表に選ばれたマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)のDF高平美憂は、W杯ロシア大会で2大会ぶりのベスト16入りを果たした男子日本代表のMF乾貴士(ベティス)から以前受けた助言に感謝する。
 出会いは昨年春、所属したJFAアカデミー福島のスペイン遠征。エイバルでの試合を、地元クラブでプレーしていた乾が観戦に訪れ、直接言葉を交わす機会を得た。当時センターバックだった高平は、攻撃に参加しやすいサイドバックで勝負したい思いを抱きながら踏み出せずにいた。
 悩みを打ち明けると、乾は優しく答えてくれたという。
 「自分はトップ下しかやったことがなく後悔している。いろいろなポジションをできた方が、きっと楽しくなると思う」
 背中を押された高平は監督に転向を志願。今季新加入した仙台では、主に左のサイドバックの主力として積極的にクロスやオーバーラップを仕掛けるなど存在感を発揮している。
 「乾さんの言葉に救われた」と高平。乾はW杯で2ゴールの活躍を見せた。自分を貫いて到達した世界の舞台で先輩に続く。
(原口靖志)


2018年07月22日日曜日


先頭に戻る