宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台城南、接戦制す

 【評】仙台城南が五回に逆転した。1点を追うこの回2死二、三塁、高橋良の中前打で2者が生還。七回は横山大の左前適時打で差を広げた。先発安田は8回1失点。石巻工は八、九回の好機を生かしたかった。

 ▽3回戦(石巻市民)
石巻工 100000000=1
仙台城南00002010×=3

<石巻工・阿部辰主将(先発登板して五回に逆転を許す)>「低めの球でゴロを打たせたかったが、真ん中に集まってしまった。打撃も好機で打てず、気持ちの弱さが出てしまった」


2018年07月22日日曜日


先頭に戻る