宮城のニュース

<高校野球宮城>石巻、投打かみ合う

 【評】石巻は投打がかみ合った。主戦村上が無四球の5安打で完投した。打線は二回、加藤の一塁強襲適時打などで3点を先取し、四回にも2点を加えた。志津川は三、九回に反撃したが及ばなかった。

 ▽3回戦(仙台市民)
志津川001000001=2
石 巻03020000×=5

<志津川・木皿主将(全力プレーでチームを引っ張る)>「負けたのは悔しいが、3年間やってきたことは出し切れた。ベンチでは『絶対勝てる』と前向きな言葉を掛け続けた」


2018年07月22日日曜日


先頭に戻る