広域のニュース

デジタルアート変幻自在 横手「チームラボ」が作品展

暗室内で幾何学模様が高速で変化する作品を鑑賞する来場者

 国際的に活躍するデジタルアート集団「チームラボ」の展覧会「踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」が、横手市の秋田県立近代美術館で開かれている。9月2日まで。
 壁に映し出された動物のイメージに触れると花びらが舞う作品や、漢字の「虹」や「鳥」に触るとその意味の映像が流れる作品など9点を展示。参加者が描いた魚の絵が泳ぐコンピューターグラフィックスの水族館も楽しめる。
 保泉充学芸員は「チームラボの作品は来場者が参加することで成り立つ点が特徴。夏休みには家族で鑑賞してほしい」と話す。
 入場料は一般1400円、中高生1000円、3歳〜小学生600円。開場時間は午前9時半〜午後5時。連絡先は近代美術館0182(33)8855。


関連ページ: 広域 社会

2018年07月22日日曜日


先頭に戻る