宮城のニュース

<楽天>「2本目がもったいない」辛島悔やむ

辛島航

 東北楽天先発の辛島は六回途中2失点の力投も実らず、約2カ月ぶりの4勝目を逃した。山川(富士大出)にソロ2発を浴び「(2死で打たれた)六回の2本目がもったいない。歩かせてよかった」と悔やんだ。
 山川の2本目はカーブを左翼に運ばれた。「(カーブなら)本塁打はないと思っていた」と球種の選択に間違いはなかったが、本塁打王争いでリーグトップに立つ主砲が一枚上だった。
 「どの球種でもカウントを取れた」と山川以外はほぼ完璧に封じていただけに、六回を投げ切れなかったことが心残りだ。結果として救援陣に負担を強いる展開となり「あれが本塁打でなければ…」と、やり切れない表情で振り返った。


2018年07月23日月曜日


先頭に戻る