宮城のニュース

<ベガルタ>9戦ぶり無失点 堅守でトーレス封じる

鳥栖−仙台 後半、鳥栖・フェルナンドトーレスと競り合う仙台・平岡(右)

 仙台は9試合ぶりの無失点と、3バックを中心に守備陣が踏ん張った。後半途中から出場した元スペイン代表のフェルナンドトーレスもしっかり封じた。アンカー(守備的MF)として奮闘した富田は「名前でやっているわけではないので。守備陣としては自信になる」と胸を張る。
 後半5分、世界的なFWがピッチに立つとスタンドから大歓声が起きた。異様な雰囲気にも大岩は「気後れするかもしれなかったので、(落ち着くよう)チームとして意思統一した」と警戒を怠らなかった。果敢なタックルで食い止め、来日初ゴールを阻止した。
 終盤の危機も乗り切った。フェルナンドトーレスのポストプレーからフリーの吉田にシュートを許したが、GK関がつり出されて無人になったゴールに、平岡が飛び込みボールをかき出した。平岡は「うまくカバーできた」とにっこり。前節の横浜M戦で喫した8失点の悔しさを糧に守備の集中力を取り戻した。


2018年07月23日月曜日


先頭に戻る