宮城のニュース

<高校野球宮城>登米の主戦熊谷が6安打完封の快投

 【評】登米は主戦熊谷が6安打完封。制球が良く緩急もさえて的を絞らせなかった。打線は一回に菅原宗の右前適時打で先制。八回も菅原宗の2点打で突き放した。小牛田農林は八回1死満塁の好機を生かしたかった。

 ▽3回戦(楽天生命パーク)
登   米100000020=3
小牛田農林000000000=0

 <登米・菅原宗(全3打点を挙げる)>「2回戦は失策で投手の足を引っ張ったので、援護しようと奮起した。夏休みで学校の仲間が応援に来ていたので燃えた。登米から初の甲子園出場を目指したい」


2018年07月23日月曜日


先頭に戻る