秋田のニュース

<地上イージス>萩市が調査入札延期を防衛省に要請

 「イージス・アショア」の配備候補地の一つ、陸上自衛隊むつみ演習場がある山口県萩市は23日、防衛省に対し、演習場現地調査の業者を選ぶ一般競争入札を延期するよう要請した。
 高橋博史副市長が防衛省を訪問し、8月2日に予定される測量や地質調査の入札の開札日を延期し、改めて住民説明会を開くよう求める要請書を提出した。
 受け取った前田哲防衛政策局長は「配備するからには地元の懸念の払拭(ふっしょく)は大事。小野寺五典防衛相に要請を伝える」と述べた。
 高橋副市長は「7月21日の説明会に出席した藤道健二市長が、住民の理解を得るには至っていないと判断した。理解を得るため調査前に再度、住民説明会を開いてほしい」と話した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年07月24日火曜日


先頭に戻る