宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台三、桂島と菅田の継投で競り勝つ 

 【評】仙台三が競り勝った。1−1の七回1死二塁、鈴木の右翼線適時二塁打で勝ち越した。投げては桂島と菅田の継投で1点に抑えた。登米は先制された直後の二回に追い付いたが、その後は本塁が遠かった。

 ▽4回戦(名取市民)

登 米010000000=1
仙台三10000010×=2

◎登米の主将熊谷「主導権握れず」

 登米が昨夏4強の仙台三に惜敗し、2年ぶりの8強入りを逃した。主将で主戦の熊谷は「投打に粘られ主導権を握れなかった」と振り返った。
 2、3回戦を投げ切った疲労を考慮し、この日はベンチスタート。「チームのためできることをやる」と切り替え、相手投手の傾向を助言し、声で仲間を盛り上げた。六回からマウンドに上がったが、七回に勝ち越し打を許した。「もっと勝ち進みたかったが、全員でつかんだベスト16。誇りに思う」と胸を張った。


2018年07月25日水曜日


先頭に戻る