宮城のニュース

<宮城県中総体>バド女子団体、聖ウルスラ22連覇 「全国優勝目指す」

 女子団体は聖ウルスラ学院英智が22連覇を果たした。ダブルスの佐藤主将=写真(上)=は「プレッシャーがあった。勝ててよかった」とほっとした表情だった。
 決勝はシングルス、ダブルス共に危なげなかった。シングルスの御後(ごご)=写真(中)=は第1ゲーム序盤、連続7得点と圧倒。「決め球がない分、つなぐプレーが得意」。自慢の体力を生かして相手の決め球を拾い尽くし、体勢が崩れた瞬間に攻めた。
 昨年の全国中学大会3位の原動力にもなったダブルスの佐藤、後藤=写真(下)=組は健在。堅い守りから、一気に攻撃のギアを上げ、主導権を握った。後藤は「気を抜かず、全国優勝を目指す」と力を込めた。

◎男子

▽団体1回戦
東仙台 2−1 増田
東向陽台 2−1 八木山
仙台青陵中教校 2−0 将監
東和 2−1 塩釜一
女川 2−1 柳生
南小泉 2−1 岩沼
荒浜 2−1 五城
七郷 2−0 雄勝
多賀城 2−0 松島
仙台一 2−0 若柳
七北田 2−1 中野
富沢 2−1 大河原

 ▽2回戦
聖ウルスラ学院英智 2−0 東仙台
仙台青陵中教校 2−1 東向陽台
東和 2−0 女川
角田 2−0 南小泉
東北学院 2−0 荒浜
七郷 2−0 多賀城
仙台一 2−1 七北田
鹿島台 2−0 富沢

 ▽準々決勝
聖ウルスラ学院英智 2−0 仙台青陵中教校
角田 2−0 東和
東北学院 2−1 七郷
鹿島台 2−0 仙台一

 ▽準決勝
聖ウルスラ学院英智 2−0 角田
東北学院 2−1 鹿島台

 ▽3位決定戦
角田 2−1 鹿島台

 ▽決勝
聖ウルスラ学院英智 2/複1−0/0 東北学院
            単1−0

○/深井−江頭/2/21−1021−3/0/菊地−沖本/ 

○ 亀井 2/21−13/0 馬場  
       21−12
(聖ウルスラ学院英智は12年連続12度目の優勝)

◎女子

 ▽団体1回戦
南中山 2−0 七ケ浜
荒浜 2−1 玉川
七郷 2−1 向陽台
岩沼北 2−0 登米中田
成田 2−0 女川

 ▽2回戦
聖ウルスラ学院英智 2−0 南中山
仙台中田 2−1 松山
南方 2−1 渡波
南吉成 2−1 高砂
荒浜 2−1 高崎
西山 2−1 愛宕
東向陽台 2−0 台原
槻木 2−1 七郷
塩釜二 2−0 岩沼北
名取一 2−1 富沢
仙台二 2−0 築館
南小泉 2−0 大河原
角田 2−0 上杉山
中野 2−0 唐桑
松陵 2−0 郡山
鹿島台 2−1 成田

 ▽3回戦

聖ウルスラ学院英智 2−0 仙台中田
南方 2−0 南吉成
西山 2−1 荒浜
東向陽台 2−1 槻木
名取一 2−0 塩釜二
南小泉 2−0 仙台二
中野 2−0 角田
鹿島台 2−0 松陵

 ▽準々決勝
聖ウルスラ学院英智 2−0 南方
東向陽台 2−0 西山
名取一 2−1 南小泉
鹿島台 2−1 中野

 ▽準決勝
聖ウルスラ学院英智 2−0 東向陽台
鹿島台 2−0 名取一

 ▽3位決定戦
東向陽台 2−0 名取一

 ▽決勝
聖ウルスラ学院英智 2/複1−0/0 鹿島台
            単1−0

○/佐藤−後藤/2/21−321−9/0/鈴木−千葉/ 

○ 御後 2/21−8/0 斎藤  
       21−8
(聖ウルスラ学院英智は22年連続43度目の優勝)


2018年07月25日水曜日


先頭に戻る