宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英 エース圧巻の投球

東北学院−仙台育英 7回裏仙台育英無死一塁で、マウンドに集まる東北学院ナイン

 ▽準々決勝(石巻市民)
東北学院000000000=0
仙台育英01000020×=3

 【評】仙台育英の田中が3安打完封の好投。直球を主体に切れのある投球で六回まで走者を許さなかった。打線は二回に沢田の右前適時打で先制し、七回も2点を加えて援護。東北学院は投手陣の力投に打線が応えられなかった。

◎東北学院、7回の逸機で暗転

 0−1と接戦の展開の七回。東北学院が好機をつかみ切れず、逆に崩れた。
 先頭の小林が左前打。仙台育英の主戦田中から初の走者を出し、ベンチは沸き立った。「『いける』というムードがあった」と主将の佐島。1死後、打席が回った。「何とか1点を取る」。中軸を担うプライドを持って臨んだが、相手が一枚上だった。内寄りの直球を捉え切れず内野フライ。後続も断たれた。「気負ってしまった」と悔やむ。
 直後の守り。大沼がつかまった。2連続の内野安打でピンチを招き、暴投と代打笹川の適時打で2点を失った。「気持ちを切り替えていたはずだが、たぶん(逸機を)引きずっていたと思う」。右肘を痛めた主戦加賀谷に代わって二回から好投を続けたが、微妙な心の変化が勝負の行方を分けた。
 初戦から3戦連続で2桁安打を放った打線は3安打と沈黙。ミート力強化に務めた成果を勝負どころで発揮できなかった。それでも、2安打の小林、二塁打を放った朝倉は共に2年生。後輩の踏ん張りに、佐島は「勝つために食らい付いてくれた」と感謝した。(原口靖志)

<直球勝負で6回まで無安打>
 仙台育英がノーシードから4年連続の4強入り。3安打完封の好投で貢献した主戦田中は「球の切れを意識して投げた。最後まで集中できた」と喜んだ。
 六回まで一人の走者も出さない圧巻の投球。強気に直球で押し、3戦連続2桁安打の東北学院に凡打の山を築かせた。完全試合も見えてきた七回無死で初安打を許したものの、「(無安打が)途切れた瞬間は動揺したが、無失点で切り抜けることが大事と考えた」。すぐに気持ちを切り替え後続を断った。
 2年連続の甲子園まであと2勝。準決勝は仙台三と対戦する。「相手ではなく自分との戦い。しっかり腕を振って勝利に貢献したい」と闘志を燃やす。


2018年07月26日木曜日


先頭に戻る