広域のニュース

<地上イージス>山口・阿武町長が国に撤回要望「地元の不安払拭されてない」

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある山口県阿武町は25日、計画撤回を求める住民の要望書を大野敬太郎防衛政務官に提出した。
 花田憲彦町長は「地元の不安、懸念が払拭(ふっしょく)されていない。切実な声をしっかり伝えるのが町長の使命。地元の声を酌んでほしい」と述べた。
 大野氏は「もう少し丁寧に説明すべきだと思った。何度でも足を運び説明したい」と語った。


関連ページ: 広域 政治・行政

2018年07月26日木曜日


先頭に戻る