宮城のニュース

<高校野球宮城>古川工、仙台育英が決勝進出

 第100回全国高校野球選手権宮城大会は第12日の27日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で準決勝が行われ、古川工が柴田を3―1、仙台育英が仙台三を5―2で破って決勝に進んだ。
 古川工は2015年以来3年ぶり、仙台育英は2年連続の決勝進出で、15年の決勝と同じ顔合わせとなる。15年の決勝は仙台育英が13―0で勝ち、甲子園大会で準優勝を果たした。
 決勝は28日午後1時から楽天生命パーク宮城で行われる。

★全試合を速報

 高校野球宮城大会の期間中、全試合の途中経過と結果をウェブサイト「河北新報オンラインニュース」、携帯電話・スマートフォンの河北新報サイトで速報します。


2018年07月27日金曜日


先頭に戻る