宮城のニュース

「小中学校にエアコンを」 共産党石巻市議団が市長に要請

 共産党石巻市議団は27日、市内の小中学校へのエアコン設置などを亀山紘市長宛てに申し入れた。
 水沢冨士江議員らが市役所を訪れ、菅原秀幸副市長に申し入れ書を手渡した。保健室に優先して設置し普通教室などへ広げることや、国に補助金制度の創設を働き掛けるよう求めた。
 水沢議員は「大人もエアコンなしではいられない。何かあってからでは遅い」と訴えた。菅原副市長は「市全体の状況を考え、十分に検討したい」と述べた。
 石巻市によると2017年4月現在、小中学校のエアコン設置率は普通教室が2.2%(県平均4.1%)、特別教室などが7.7%(同13.1%)。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年07月28日土曜日


先頭に戻る