宮城のニュース

「河北セリ」ブランド化へ 宮城・石巻で振興協議会を設立

河北セリのブランド確立を目指すことを確認した設立総会

 宮城県石巻市河北地区の伝統野菜「河北セリ」のブランド化を目指し、いしのまき農協などは27日、「河北せり振興協議会」を設立した。農産物として県内初となる地理的表示保護制度(GI)の登録を目指す。
 河北セリは約300年前の江戸時代に栽培が始まったとされる。10〜2月に根ごと収穫する「根セリ」と、4〜5月に茎葉を刈り取る「葉セリ」がある。地下水に恵まれた山間のセリ田で栽培され、爽やかな風味とシャキシャキとした食感が特徴だという。
 近年は高齢化で生産者が減少していた。出荷団体も三つに分かれ、栽培方法の違いも出始めたことから、産地一体となって伝統的な栽培方法を守ろうと、協議会の設立に至った。
 市河北総合支所で同日、設立総会があり、いしのまき農協セリ部会など3団体の関係者ら約35人が参加した。会長に高橋正夫同農協セリ部会長を選出。8月中にGIの申請手続きを行うという。
 高橋会長は「300年以上の歴史がある河北セリをブランド化し、継承したい」と意気込みを語った。


関連ページ: 宮城 経済

2018年07月28日土曜日


先頭に戻る