宮城のニュース

<楽天>競り勝ち3連勝 五回に5点奪う集中打

 東北楽天は競り勝ち3連勝。5−5の七回2死満塁から代打枡田の押し出し四球で勝ち越した。打線は0−3の五回に銀次、アマダー、藤田、ペゲーロの4連続適時打で一挙5点を奪う集中打を見せた。
 先発塩見は4回1/3を投げ10安打5失点(自責点3)と崩れたが、救援陣が踏ん張った。2番手久保が1回2/3無失点で今季初勝利を挙げた。
 ソフトバンクは先発バンデンハークが五回途中5失点と乱れた。

 ソフトバンク−東北楽天15回戦(ソフトバンク8勝7敗、18時、ヤフオクドーム、38,530人)
東北楽天  000050100=6
ソフトバンク102020000=5
(勝)久保11試合1勝
(S)ハーマン35試合1勝1敗12S
(敗)五十嵐8試合1敗

☆イヌワシろっかーるーむ

<銀次内野手(3点を追う五回に反撃ののろしを上げる中前適時打)>
 「流れが良くなかったので、大きな一本になった」

<青山浩二投手(八回1死二塁に陥るも無失点)>
 「ピンチで今宮と内川さんに内角シュートをしっかり投げられて、打ち取れた」


2018年07月28日土曜日


先頭に戻る