宮城のニュース

<楽天>投打で圧倒、今季3度目の4連勝

 東北楽天は投打で圧倒し、今季3度目の4連勝を果たした。
 先発岸は1失点完投で9勝目を挙げた。打線は一回、田中の先頭打者本塁打と銀次、アマダーの連続適時打で3点を先取した。二回は島内の適時打で1点を追加。島内は四回にも適時打を放った。七回はアマダーの20号ソロ、九回には銀次の適時打で加点した。
 ソフトバンクは2連敗で借金1。先発摂津は三回途中4失点で4敗目を喫した。

ソフトバンク−東北楽天16回戦(8勝8敗、14時、ヤフオクドーム、38,530人)
東北楽天  310100101=7
ソフトバンク000000010=1
(勝)岸16試合9勝1敗
(敗)摂津7試合2勝4敗
(本)田中9号(1)(摂津)=1回、アマダー20号(1)(高橋礼)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
<銀次内野手(一回に田中の先制弾に続き、2−0とする左前適時打)>
 「もう1点欲しいところでしっかり仕事ができた」

<栗原健太打撃コーチ(一回の3得点に)>
 「田中の先制弾が効いた。それに終わらず、しぶとく四球を得た茂木がいい働きをした」


2018年07月29日日曜日


先頭に戻る