宮城のニュース

<ベガルタ>西村、2戦連続ゴール 冷静さ光る

仙台−C大阪 前半、左からの折り返しに合わせ、同点ゴールを決める仙台・西村(30)

 仙台の西村が2戦連続ゴールを決めた。1点を追う前半30分、中野の低い左クロスにゴール前で鋭く反応。相手GKとDFの間へ巧みに進入し、左足できっちり合わせた。「ヨシ君(中野)が良いボールを上げてくれたので触るだけだった」と淡々と振り返る。
 これでリーグ4位の8得点。日本人では興梠(浦和)に次ぐ数だ。量産の理由はゴール前での位置取り。「相手が嫌な場所に入っていく回数が増えている」と冷静さが光る。終盤の痛い失点でユアスタ仙台では6戦連続で勝利から遠ざかっているが、中3日で迎える次節の名古屋戦もホーム。21歳のゴールハンターは「少しずつ良い形が増え、良いチームになっている」と久々の歓喜を目指す。


2018年07月29日日曜日


先頭に戻る