宮城のニュース

<高校野球宮城>古川工、痛恨の逸機 6回無死満塁で中軸凡退

古川工−仙台育英 6回表古川工1死満塁、見逃し三振に倒れて肩を落とす4番の佐々木大成。捕手阿部

 仙台育英ナインが歓喜する傍らで、古川工の選手は立ち尽くした。中盤の途中まで2点差で食らい付きながら、0−7の完敗。「六回のあの場面で点が取れず、もうチャンスがないと思ってしまった」。菅原主将は淡々と語った。
 0−2の六回、2安打と四球で無死満塁と最大の好機を築いた。仙台育英はすかさずバッテリーを大栄と阿部にスイッチ。ここで3〜5番が抑え込まれた。
 代わったばかりの投手とあって、3番鎌田は「外に逃げるスライダーが遠く見えた」、4番佐々木大成は「狙いと違った球で追い込まれ、最後の外の真っすぐは手が出なかった」と連続で見逃し三振を喫した。
 5番石山も「甘く入った変化球だったが、打ち損じた」と一飛に倒れた。間橋監督は「『経験豊富な阿部捕手の配球に注意するように』と選手に話したが、狙い球を絞らせてくれなかった」と脱帽した。
 五回まで2失点の小松もこの後、踏ん張り切れず、計7失点。「直球で押そうとしても振り抜かれ、変化球主体に切り替えても対応された。隙がなかった」と仙台育英打線の印象を語った。
 それでも春の地区予選敗退から出直し、一戦ごとに力を付けて決勝に進出した。小松は晴れやかな表情で仙台育英の主戦田中に「自分たちの分も頑張って甲子園で優勝して」とエールを送った。(野仲敏勝)


2018年07月29日日曜日


先頭に戻る