宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英攻守隙なし 古川工を下し27度目V

 第100回全国高校野球選手権宮城大会最終日は28日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で決勝が行われ、仙台育英が古川工に7−0で勝ち、2年連続27度目の夏の甲子園出場を決めた。
 仙台育英は三回、菊地の適時二塁打などで2点を先取すると、六回は大栄の適時三塁打で1点を追加。七回は相手のミスに付け込んで1点を加え、八回にも3点を奪った。投げては主戦田中と大栄をつないで零封した。
 全国大会は8月5日に開幕。2日に組み合わせ抽選会がある。

 【評】仙台育英の投打がかみ合った。三回1死二塁から菊地の適時二塁打で先制し、さらに小濃の右前適時打で2点目を挙げた。六、七回にも1点ずつを加え、八回は5連打で3点を奪って試合を決めた。先発田中は六回途中まで5安打と試合をつくり、この回の無死満塁のピンチを2番手大栄がしのいだ。
 古川工は六回の好機に中軸が凡退。走塁ミスで先制機を逸したのも痛かった。

<序盤の先制点弾み/仙台育英・須江航(わたる)監督の話>
 序盤に先制点を取れたのが大きかった。下位が好調で打線に厚みが出ている。先発田中は疲れがある中でよく投げた。実戦経験は少なかったが、大会を通して成長を遂げた。

<全部員の力を結集/仙台育英・阿部大夢(ひろむ)主将の話>
 苦しい試合が多かったが、部員全員の力を結集したことで優勝することができた。甲子園では宮城の代表として誇りを持ち、感謝の心を忘れずにプレーして優勝を目指したい。

<打力・走力差感じた/古川工・間橋康生監督の話>
 六回無死満塁で1点も入らなかったのが一番のポイント。バックが小松をもり立て、点差よりは締まった試合だった。仙台育英とは勝負どころの打力や走力で特に差を感じた。

<成長続けたかった/古川工・菅原舜大(しゅんき)主将の話>
 春の地区予選敗退後、バッテリーが成長し、守りのリズムの良さがいい攻撃につながった。4回戦で東北に勝ち、決勝でも成長を続けたかったが、仙台育英には完敗だった。


2018年07月29日日曜日


先頭に戻る