福島のニュース

<Jヴィレッジ>「復興担う人々に勇気を」森保監督が祝福とエール

記者会見を終えてスタンドに戻るサッカー日本代表の森保新監督

 サッカー日本代表の森保一新監督が28日、Jヴィレッジを訪れ、「復興で尽力された方、(被災して)苦しんでいる方に向けて、勇気や励ましのメッセージになるよう頑張っていきたい」と抱負を述べた。
 森保新監督は記念式典が開かれたスタジアムで報道各社の取材に答えた。「Jヴィレッジはサッカーを発信し高めていく所。そこが復興を遂げ、盛り上がりを創出できるようになったことがうれしい」と祝福した。
 Jヴィレッジは、2020年東京五輪で男女日本代表の事前合宿地となる予定。五輪男子代表監督を兼務する森保新監督は「日本代表が活動した際は多くの方に見てもらい、サッカーを発信できれば」と語った。


2018年07月29日日曜日


先頭に戻る